17543名のヒーラー・占い師から選べる占いサービスと提携。詳しくはクリック

オーラソーマは怪しいと思われる9つの課題【体験談】セミナー参加した感想を激白

スポンサーリンク
オーラソーマは怪しいと思われる9つの課題【体験談】セミナー参加した感想を激白
スポンサーリンク

「オーラソーマ」という言葉を聞いたことがありますか? ふたつの層にわかれた色のボトルの写真をネットで見たことあるというかたなら多いでしょう。オーラソーマは、疲れた心を癒すとともに、自分自身の本質に気づき魂のレベルアップにつながります。

あなたは、心が疲れていると感じることはありませんか? 毎日目の前の忙しさに追われていると、自分が本当はなにをしたいのか忘れてしまいがち。そんなとき、手軽に楽しくセルフケアできれば、つい試してみたくなりますよね。それが「オーラソーマ」です。

カラーボトルがたくさん並んでいる光景は美しく目を引きますが、一方で「怪しい、お金がかかりそう」という意見もあります。果たして、オーラソーマとは一体どんなものなのでしょうか。今回は怪しいと思われる理由や、本当のところを実際にセミナーに参加した私が紹介します。

スポンサーリンク

オーラソーマとは

オーラソーマとは、イギリスのヴィッキー・ウォールによって1983年に誕生したカラーセラピー。

カラーボトルは上下2層の色にわかれており、カウンセリングにもちいられています。ヴィッキー・ウォールが亡くなったあとは、マイク・ブースによって引き継がれ、発展を続けているさなかです。

オーラソーマでは「あなたが選ぶ色があなた自身なのです」という言葉が繰り返されます。そして無理強いすることなく自らを癒し、答えを選択する手助けをする役割があるのです。

現在110本以上あるカラーボトルの中から、直感で4本のボトルを選ぶことで自分の深層心理を探っていきます。そして選んだボトルとその順番を手掛かりに、魂の内なる声を読み取っていくのです。

オーラソーマとは、色に映し出された本当の自分と向き合い、問題を克服していくためのカラーケアシステムです。

 

オーラソーマは怪しいとなぜ思われるのか?

一般的な感覚では、そう思われてもしかたないでしょう。

その原因としては、セミナーやボトルなどがやたら高額であることや、スピリチュアルな印象が強いために詐欺や新興宗教のようなイメージを持たれている点などがあります。

最近では、薬で逮捕された芸能人がオーラソーマと関連があったとの報道もありましたね。

「小嶺は、10年以上も芸能界に身を置いていたストレスから、体調を崩しがちになり、癒しを求めて、スピリチュアルな世界に傾倒していったそうです。2012年頃には、代官山にヒーリング・サロン『ELEMENTS OF FOUR SEASONS』をオープンして、母親とともに経営。スピリチュアル・カウンセリングなどを行っていました」(小嶺の知人)

 

サロンで行われていたのは“オーラソーマ”と呼ばれるヒーリング療法を取り入れたカウンセリングだ。

 

「サロンに訪れる客は100本以上あるカラフルなボトルの中から、好みのボトルを選びます。小嶺はそのボトルから、客の中の魂からのメッセージを読み取り、悩みを解決に導くのです」(同前)

出典:Yahooニュース

このようなニュースに触れると、やはりオーラソーマを含むスピリチュアルな世界全体がアンダーグラウンドよりの、暗い雰囲気の印象がついてしまうのは否めません。ですが、オーラソーマは果たして本当によくないものなのでしょうか?

怪しいと思われる理由ごとに、深く掘り下げてみていきましょう。

1.ボトルを購入する必要があるの

 ボトルの購入を強要されることはありません。

セッションの結果オススメすることはありますが、必ず購入しなければならないということはありません。

オーラソーマの本質は、「無理強いをしない、自分で選択する」こと。

オーラソーマではプラクティショナー(カウンセラー)がクライアント(客)に対して「これはこうしたほうがよい」という指示はしません。自分自身の意思がなによりも尊重されるのです。

 

2.セミナーの値段が高い

オーラソーマのセミナーは非常に高額。

実は私もオーラソーマのセミナーに参加して勉強した経験があります。

オーラソーマの資格を取得コースには基礎レベル1~3まであり、1コースにつき10万円以上はするのです。これを全部受けるとなると金額は3倍になり、さらにカラーボトルをフルセットでそろえるとなるとボトルだけで50~60万近くはかかります。

しかも、やっとのことで資格を取ったとしても1年または2年ごとに更新が必要であり、そのたびに受講料を払わなければなりません。オーラソーマを続けていくには相当な金額がかかるのです。

アップデートへご参加頂き、1年間のプラクティショナー更新延長となりましたかたは、次回更新時期が来ました際に、1年間の登録費のお支払によって1年間の更新が可能となります。

引用:AURA―SOMAオーラソーマ新システムに関するFAQ

しかし、もっとリーズナブルな金額で開催しているセミナーも探せばあります。受けてみたいけれどお金がないというかたは、根気強く探してみてくださいね。自分の経済事情や家庭事情など、無理がないか慎重に検討しましょう。

 

3.オーラソーマは奥が深い

オーラソーマの勉強は多岐にわたります。それは、オーラソーマの本質が「自分への探求を深めていく」からです。自分というのはわかるようでわからないため、どんなに学んでもきりがありません。

理解を深めていくとともに数秘術やホメオパシーなどについても学び、内容がどんどん広がっていきます。そして、オーラソーマに使われる言葉はとても抽象的で難解なもので、勉強熱心な人ほど夢中になる傾向があります。

オーラソーマは非常に奥が深いので、より神髄に迫りたいなら一層の向上心が必要となるのです。

 

4.オーラソーマが占いなのかわからない

オーラソーマは占いではありません。

オーラソーマではカラーボトルは鏡の役割を果たしており、選んだボトルにはその人の内面が映し出されています。それをプラクティショナーが解釈してメッセージを伝え、クライアントが自分自身と向き合うのを助けるシステムなのです。

一般的には、タロットといえば占いの道具、という見方が支配していますので、そのことについてひとこと書いておきます。

と申しますのは、「オーラソーマのリーディングは占いではありません」ということが基本原理としていますので、タロットを取り入れることで占いと混同されてしまうことは本意ではないので、その違いを明らかにしておく必要があります。

引用:AURA―SOMAやさしくわかるオーラソーマ

また、オーラソーマはタロットやカバラ、中国の易などともつながっていますが、この場合も占いではなく、カラーボトルの意味をより深く知るための鍵として使われています。

だから、占いのように、見えない未来を予言するものではないのです。

 

5.宗教と関係しているの

特定の宗教には関連していません。

オーラソーマには、観音菩薩やキリストなどの宗教的人物の名前がつけられたボトルがありますが、宗教とはまったくの無関係。

ほかにも、中国の老子や孔子、大天使や女神などの名前のボトルがあり、世界中の宗教や文化、神話などに関連しています。ボトルの意味を学びながらさまざまな宗教や歴史に触れ、理解を深めることで気づきのためのヒントがさらに増えるのです。

 

6.オーラソーマの信ぴょう性は?

オーラソーマは占いではないので、「当てる」ことに軸を置いていません。

選んだボトルの色を手掛かりにして、自分の中にある本当の感情や内面に気づくことが目的です。プラクティショナーの判断に任せるのではなく、自分で考えたうえで魂の答えにたどり着くのが肝要になります。そこで近道の手助けをするのがプラクティショナーの役目です。

セラピーの結果は、あくまで自分を探るための鍵にすぎません。

 

7.オーラソーマジュエリーはボトルと同じなの?

オーラソーマジュエリーは必要なものではありません。

元来のオーラソーマで使用されているのはカラーボトル、ポマンダー、クイントエッセンスのみです。ネックレスや指輪などの商品は、創始者のヴィッキー・ウォールが亡くなったあとに作られたものなのです。

代表者が交代してからオーラソーマは迷走しはじめ、曖昧な情報やアイテムが増えてしまいました。

さて、ネックレスやパワーストーンなどの商品ですが、それはオーラソーマのカラーセラピーのシステムにおいては使われないもので、規格外ということになります。

引用:Yahoo知恵袋

サイドビジネスの色合いが強く、あくまでファッションとして身につけるアクセサリーとしての位置づけです。

 

8.ボトルの色だけで、なぜ判断できるのか

あなたが選ぶボトルは、あなた自身とイコールの関係だからです。

古代から色は人間の心身の状態を映す鏡とされ、アーユルヴェーダなどの伝統医学では診察にもちいられてきました。昔から人々は色の持つエネルギーが心身に影響を及ぼすと本能的に感じ取っていたのでしょう。

直感で選んだカラーボトルの色は、今の自分自身をそのまま反映しています。ボトルにはそれぞれ意味があり、選ばれた4本のボトルから自分の深層心理を解釈することで今の自分を知ることができるのです。

 

9.カウンセリングをすると勧誘されそう

強引な勧誘はありません。

オーラソーマは無理強いをしない魂のセラピーといわれています。自分から「己を深く知りたい」と心から思ったときが、オーラソーマをはじめる絶好のタイミングなのです。

勧誘によって組織を拡大していくマルチ商法のようなシステムは存在しません。

オーラソーマには、癒す、自分の魂と向き合えるといったメリットがある一方で、お金がかかるといった面は否定できません。

 

まとめ

かつての私もバイト代をつぎ込んで熱中していたので、今振り返ると「なんでそんなことをしたのだろう?」と不思議に思うこともあります。

しかし、まったく無意味だったかというとそうではありません。実際にカラーボトルやポマンダーに触れて学び、仲間たちと真剣にリーディングし合った経験は貴重な財産となっています。

どんな経験でも、自分の意識によって宝物に昇華できる可能性がぐっと高まります。オーラソーマが本当に好きで、お金をかけて勉強する価値があると心から思えるのなら、かけがえのない人生の糧とすることができるのです。

もしどうしてもオーラソーマが気になるなら、気軽に参加できる体験会を開催しているお店もあるので足を運んでみるとよいでしょう。Webサイトでお手軽に診断してくれるページもあります。自分に合った楽しみかたを見つけ、よいところを取り入れて疲れた心身をセルフケアしましょう!