17543名のヒーラー・占い師から選べる占いサービスと提携。詳しくはクリック

先輩が好き!サークルの先輩に片思いした【19歳女子】LINEでバンドマンの彼女に

スポンサーリンク
ベースプレイヤー
スポンサーリンク

たしの好きなベースを弾きこなす先輩を1秒で好きになった。

エリー(仮名)と言います。19歳のころの話です。

高校生の頃から憧れていた軽音楽サークルに、大学入学すぐに諸事情で入れず。しかし、2年生になり自分の時間を持てるようになり、友人も先に入っていたことで自分も入部。

 

そこでひとつ年上(20歳)で副部長をしている彼に出会いました。わたしの好きなベース弾き! 初心者向けの練習に参加するようになり、途中から入部したわたしのことを気にかけて熱心に指導してくれました。これが彼と話しはじめたきっかけです。

先輩が好き!だけど単なる後輩扱い

2年生から入部というイレギュラーなことをしている自分を心配し、普段から話しかけてくれました。練習の時間も気にかけてやさしく指導してくれました。

だけど、女性として接してくれているわけじゃなく、後輩としてでした。

 

他のサークルメンバーと先輩(彼)が、よくご飯や遊びに行く姿をInstagramストーリーのようなSNSで見ることが多かった。わたしは、遊びに行くメンバーにもなれない存在……恋愛対象にも、友達関係にもなれていませんでした。

軽音楽サークルにもなれてきて、他の先輩とも仲よくなり、自分も自分で充実していました。でも、先輩とご飯を食べたり遊んだり……男性として意識しており、サークル以外でも会いたいと願う自分もいることにうすうす気付きはじめました。

 

入部して数ヶ月たったある日、ベースパートのメンバーで練習終わりにご飯に行くことになりました。

そこにもちろん先輩も。

わたしは左利きのため自ら端の席を取ったら、なんととなりに先輩が!! ゆっくりちゃんと話しをしたのは初めてだったかもしれない。先輩とふたりで話せて、帰りも家まで送ってもらってたくさん話せました。

 

でも、別のベースパートの女の子と付き合っていると知って、自分はやっぱり女性としてみられていない……好意が向くことはないとあきらめることも考えました。でも、やっぱり好きで、自分の気持ちに嘘はつけないと考え、ひっそりと片思いを続ける決心をしました。

きっと先輩はこの気持ちになんて気づいていないだろうな……。

好きな先輩へのアピール方法

スマホ 女性

ベースを教えてもらうという口実で、ふたりで会う時間をつくった。

  • 楽器屋についてきてもらう
  • 学校でふたりでいっしょに練習する

まだふたりでいるのは緊張したけど、ベースを練習するという動作が入りその気持ちも紛れます。

先輩のベーステクニックを見るほど惚れ惚れし、指先の綺麗さにも惹かれた。「これはずるい!!」と自分の中でひとり必死にもがいていた笑。

 

やさしい笑顔で周りもよく見て行動のできる姿に、気づいたら目でいつも彼のことを追って見ていた。

ベースを弾いている姿も好きでよく見ていました。だけど、「これは練習」と自分に言い聞かせ、気持ちをごまかしていた。

 

気づいたら周りから「ふたりは恋愛どうなの?」と聞かれることも増え、先輩はわたしのことを心配して声をかけてくれるけど、わたしは笑顔でごまかしたり、ベースの質問をしたりして好きと言えずに内心モヤモヤしていた。

しかし、他の先輩から少しわたしに気があるという情報をゲット。

 

わたしのアピール方法は、ゲスかもしれませんが、周りにふたりがいい雰囲気であるという情報を流してもらいました。

もちろん先輩の耳にも入るように。そこから、「ただの仲よしの後輩」ではなく、好きな人として「ひとりの女の子」として意識して見てもらえるきっかけになればと思ったから。

 

LINEを活用して後輩から友達…そして恋愛対象に

好意を持ってもらえるかは自信がなかったけど、自分なりにLINEをしてアピールしました。

 

入部するきっかけをくれた友人と、仲のいい先輩と、あこがれの先輩と合計4人でご飯やドライブに行く約束も自分からセッティングしました。

そうやって、自然とLINEや話すきっかけを作っていきました。

 

アピール作戦のおかげで、お互い共通してオムライスが好きであることが判明。オススメのオムライスのお店を紹介し合いっこしました。自然な流れで、ふたりで評判のオムライス屋さん巡りをするようになり、ふたりで遊ぶことも増えました。

知らなかったお互いの話もするようになり、少しは特別な存在として見てもらえるようになったのかも。

 

いつもわたしから声をかけて「何月何日〇〇行きませんか?」と言っていたけど、気づいたらあっちから「何日あいてる? △△行こ!」と声をかけてくれるようになった。心底うれしくて、すぐ大丈夫の返事をしてしまった自分がいた。

明らかに好意があることバレバレだったかも……。他にも共通の趣味の映画があることから、公開日に合わせてふたりで観にに行くようになった。

気づいたらずっとLINEも続き、学校であってもたわいのない会話ができる関係に! 友達にも驚かれるスピードで仲を深めていき、少し戸惑いもあったけどやさしくリードしてくれる先輩とは楽しい時間を過ごせました。

先輩が好き!告白を決意したとき

片思いを続けているうちに、先輩が彼女と別れたことを知った。伝える自信がなく、まだひっそりと思い続けている自分の中で決意したことがあります。

そう、告白です。

時間が経つほどもっと近づきたいという思いが増え、自分の思いを伝えることを決めたのです。

次のページ「先輩が好きなんです…告白の日」