17543名のヒーラー・占い師から選べる占いサービスと提携。詳しくはクリック

友達の紹介で結婚!31歳で結ばれた私が伝えたい婚活サイトより良いたった1つの理由

スポンサーリンク
友達の紹介で結婚
スポンサーリンク

と最初に出会ったのは私が26歳のとき。短大時代の友達が誘ってくれた飲み会でした。

私はお酒をほとんど飲めず、婚活をしていたわけではないので、飲み会に誘われてもなかなか参加しませんでした。「あんたちょっと付き合い悪いんじゃない?」と仲のよい友達に言われてしぶしぶ参加したのです。

そこにきていたのが、友達の中学時代の幼なじみである彼でした。大手メーカーで設計業務をしている彼は、私よりひとつ年上で大学時代に留学の経験もありました。

私の知らないことばかり話してくれて「うわー博学だなあ」と憧れを感じ、たった2時間ほどの飲み会でしたが、私は彼に恋心を抱いてしまったのです。

紹介してくれた友人のひと言「なんだ、早く言ってよ!」

イタリアンレストラン

彼には「彼女はいないよ」と友達から聞いていました。私はすでに恋へまっしぐらの状態でしたが、彼が私のことをどう思ったかは知るよしもありませんでした。

毎日、寝る前には彼のことが気になってモヤモヤした気持ちになりましたが、その先に進む術がありません。

女友達に私への気持ちを聞いてもらうことも考えましたが、いくらなんでもまだ早いだろうと気持ちをセーブしました。

 

あと何回か彼と友達として話ができればいいなと思い、女友達に「もう1度食事に行こうよ」と前回の飲み会から3ヶ月後に誘ってみました。

「あんたから誘ってくるなんてどうしたの?」と聞かれたので、恥ずかしかったけれど彼への思いを彼女に伝えました。

「なんだ、早く言ってよ!」と彼女は私たちを引き合わすことに積極的でした。

まるで結婚相談所の人のよう。彼女は私たちがうまくいくことを願って、ちょっとステキなイタリアンレストランをセッティングしてくれました。

男女4人での食事会で彼と再会。友達が気をつかって彼を私の横に座らせてくれました。

相手に出会って確信「やっぱり好きになっちゃった」

彼とふたりきりのような状態で、今の仕事のこと、家族のこと、将来の夢の話などをたくさん聞かせてもらい、私はますます彼に惹かれていきました。

結婚相手にはこんな男性がいいなと想像しました。

帰り際に「どうしよう。やっぱり好きになっちゃった。」と友達に告白。カフェに女ふたりで立ち寄って、これから先の婚活作戦を一緒に考えました。

 

遠回しに彼の恋愛感情を探って

相手の恋愛感情をどう確認するかということに悩みました。いきなり告白してきっぱり断られるのも精神的にきついです。だから、少しでも可能性があるのかどうかをまずは知りたかったのです。

やはりどう考えても女友達に協力してもらうことしか考えつきませんでした。

 

友達が彼に電話をかけて私のことを「けっこういい子でしょ?」と遠回しに探りを入れてくれました。決して「私が彼のことを好きと悟られないように慎重に!」とお願いしておきました。

「いい子だね」と相手から言われた

友達から報告が来るまでの時間はとても長く感じました。電話が鳴って出ると、開口一番「いい子だねって言ってたよ!」との報告が。

まだ付き合うことになったわけでもないのに、私は天にも昇る思いでした。そして次回は彼に告白することを決意したのです。

 

告白のシーンを入念に計画

カフェ 女性ふたり

告白のシチュエーションを友達と相談。その打ち合わせは3回もしました。仕事帰りに友達と待ち合わせして、カフェで何時間も入念に計画を立てたのです。

  • いきなり彼を呼び出してふたりきりになると彼が身構えてしまうからダメ
  • 食事会や飲み会ではふたりきりになれる時間が少ないからダメ

もし告白が成功したら、その後はふたりだけになれる時間を作れるようなシチュエーションを考えてくれました。

告白のために女友達が考えてくれた作戦は「観覧車」

婚活作戦実行の場所は、車で2時間ほどにある大きな有名遊園地でした。

「観覧車であんたたちふたりだけにして乗せれば、タイムリミットがあるから勇気を持って告白できるじゃん」と友達は熱弁。

たしかに1周回っている間のチャンスを逃せば告白できなくなってしまうかもしれない。これなら自分の背中を押すことができると納得。

「で、もし成功したら帰りはあんたたちふたりで車に乗れば2時間ずっと一緒にいられるじゃん」友達の戦略は完璧でした。

 

告白成功のために、美容サロンも新しい服も安いもの!

美容室 ヘアカット

男女3人ずつ合計6人で、2週間後の土曜日に遊園地へ行くことが決定しました。

遊びに行く1週間前の週末にサロンへ行ってヘアカラーとカットをしました。

トリートメントに4,000円

いつもは「こんなに高いの!?」と手を出したこともないサロンに置いてあるトリートメントを4,000円も出して購入。当日はツヤツヤの髪の毛で、最高にいい香りを漂わせようと思いました。

ヘアカラーとカットで25,000円

ヘアカラーとカットも合わせて合計25,000円の出費です。これで彼とうまくいったら安いものです。

 

サロンに行った帰りに友達と待ち合わせ。最後の打ち合わせとショッピング。普段、スカートやワンピースが多かったので、遊園地で楽しくはしゃぎまくることに適した洋服を友達に見つくろってもらいました。

動きやすく、それでいて女性らしい服を選ぶのは大変。ショップのお姉さんに色々と相談して、3時間もかけて自分も納得のコーディネイト一式を購入しました。

髪もコーディネートも納得!でもメイクに意外な落とし穴

鏡をみる女性

自分でもできるだけのことをしようと思い、それから1週間かけてメイクの練習をしました。書店で女性誌を5冊ほど購入し、「モテメイク」を中心とした特集ページを読みあさり、必要なメイク道具を購入して夜な夜な何度もメイクの特訓にはげんだのです。

しかし、モデルさんを同じ道具を使って、書かれているのと同じ方法でメイクしているはずなのに……鏡で見たときの仕上がりの違いにイライラ。

メイクではどうにもならないベースの部分が違いすぎました。

自分のブサイク加減にショックを受けたのと同時に、なぜか腹が立って「もっと可愛く産んで欲しかった!」と母に八つ当たりもしてしまいました。

 

二の腕ダイエットをがんばる

ダンベル ダイエット

ヘアスタイル、ファッション、そしてメイクまでは80点以上のできになりました。しかし、もう1点気になることがありました。それは二の腕です。

1週間でなんとかなるとは思いませんでしたが、その先のことも考えてダンベルを購入。毎晩、お風呂に入る前に寝室で両腕の筋肉トレーニングをおこないました。

筋肉痛がひどくて困りましたが、美しさのためだと自分に言い聞かせて続けることができました。

 

いよいよ当日、計画どおり告白するはずが……

観覧車

いよいよ遊園地の当日です。6人は駅で待ち合わせて2台の車に3人ずつ分乗。私は彼の車に例の友達と一緒に乗車。

久しぶりに走った高速道路にテンションもアップ。友達がバカ話で盛り上げてくれて、遊園地に到着するころには彼との距離がぐっと近づいているような気がしました。

遊園地ではジェットコースターに乗ったり、お化け屋敷に入ったりしました。好きな人と一緒にいると長時間並ぶのも気にならないのですね。どこで何していても楽しかったです。

計画どおり観覧車にふたりきり

午後3時頃、友達が「次は観覧車行くぞー!」と切り出しました。完全に打ち合わせ通りです。「ついに来たか!」私の心臓がバクバク音を立てました。

友達が「男同士で乗ったら気持ち悪いし」とか言いながら、勝手に組みわけして男女1名ずつで観覧車へ押し込みました。もちろん私は気になる彼とのペア。観覧車に乗り込む前から、頂上が来たら必ず告白すると固い決意を抱いていました。

 

その瞬間のために空気を和ませることに成功……そして

ゆっくり上昇していくと「あー景色がキレイだね」と何気ないひと言を彼にかけました。他に言葉が見つからず、張り詰めた空気を和ませたかったのです。彼は何も言わずニコッと笑って外を見ています。

そしてついに頂上というときに……突然彼が口を開きました。「俺と付き合ってくれない?」

「えええええ!」心の中で絶叫しガッツポーズです。まさか彼のほうから告白されるなんて思ってもいませんでした。これには本当に心臓が飛び出るかと思いました。

表向きは冷静に「え? うんいいよ……私も好きだと思う」とスカしました。

こうして私の告白は、ほんの数十秒の差で彼に先を越されてしまいました。

 

出会って告白から結婚まで5年の歳月

結婚

観覧車から降りた瞬間に友達をトイレに誘って、「彼から告白されたんだけど!」とトイレ内で大騒ぎ。うれしすぎてトイレでスキップしました。

帰りは予定どおり私たちをふたりだけにしてくれました。車で彼と話しているときに、私はたまらず「実は観覧車がてっぺんに来るときに告白しようと思ってたんだ」と彼に伝えました。

彼は大笑いして、「俺も今日こそ告白しようと決めてたんだよ、なかなか言い出せなかったけどさ」と話してくれました。

この彼が、今の夫です。

31歳で結婚

遊園地の告白から5の交際を経て、31歳のとき晴れてゴールイン。それから10年、今は子供にも恵まれて幸せな日々を送っています。

婚活中の人に伝えたいことは、婚活サイトや出会系サイトで結婚されるかたも増えていると聞きます。しかし、友達からの紹介で恋愛して結婚するのはおすすめです。友達の紹介から結婚にいたるまでに、友達が本当にいろいろ助けてくれます。恋愛が苦手なあなたには、とくにおすすめですよ。