17543名のヒーラー・占い師から選べる占いサービスと提携。詳しくはクリック

野球部の先輩が好き【高1女子の片思い】マネージャーにもなり一途な恋愛の結果

スポンサーリンク
野球部の先輩 片思い
スポンサーリンク

じめての出会いは私が高校1年生。彼が高校3年生のときで同じ高校の先輩でした。

高校野球に憧れていた私は、野球の強豪校のマネージャーになりたくてその高校を受験して見事合格。

入学したてで、まだマネージャーになる前、何気なくグラウンドの近くに行くと彼がひとり黙々とピッチング練習をしていました。

このときドラマのように「ビビビッ」と全身に感じるものがあり、彼から目が離せませんでした。

今、26歳になった私の恋愛物語……私と彼の出会いは、完全なる片思いからのはじまりでした。

Mixiでメッセージのやりとり

3年生が引退してから、私たち1年生はマネージャーになることができたので、彼と部活で関わることはほぼできませんでした。

そのためどうにか彼と近づきたい私は、当時流行っていたmixiを利用して彼にこっそりメッセージを送ることにしました。

ど緊張の中、なにかきっかけがほしくて送ることにした日は、彼のお誕生日でした。

「お誕生日おめでとうございます」と伝えるのを口実に、見事メッセージを送ることに成功。

それをきっかけにメッセージのやりとりがはじまり、やがてmixiのメールから、実際の携帯メールでのやりとりに変わりました。会ったこともない関係でしたが、仲良くは慣れている実感はありました。

夏休み中に、夜中までメールしながら一緒に宿題をしたこと。ちょっぴりSっぽいメールかと思いきや、その後のおだやかなやさしい口調。すべてが大好きでした。

ただ、写メは見せたことはあるものの、実際の自分に会ったことはなく、実物を見られたらタイプでなく嫌われてしまうのではないかと正直おびえていました。

思わぬときに先輩と鉢合わせ

学校 グランド

その後運命の日はやってきました。ついに部室で思わぬときに先輩と鉢合わせ。

私は緊張のあまり笑うこともできず引きつった顔でしか会えず……。

悲しいことにその後のメールは、今までの先輩のテンションとはまるで違い、「ああ、先輩のタイプじゃなかったんだな、これで終わりなのかな」と絶望感にあふれていました。

 

卒業したらもう会えない、ダメもとでも告白を決意

桜 進学 卒業

先輩が卒業してしまうとき、告白を決意しました。

卒業してしまったら、本当にこの関係は終わってしまうと思ったからです。

学校ですれ違うたびにあいさつしたり、先輩が体育のときは、授業中にグラウンドを窓からこっそりながめていたり、体育祭や文化祭、全校集会のとき、いつも彼の姿を探していました。

それがなくなってしまうと思ったら悲しくて、最後に思いだけでも伝えようと決心しました。

 

大好きな彼に告白するため女磨き10選

メイク

大好きな彼に告白するために、まずは徹底的に自分磨きからはじめることにしました。

1.レコーディングダイエットで、告白までに7キロの減量に成功

家族で回転寿司に行ったときはそれぞれのカロリーを見て、電卓で計算しながら食べたり、家でご飯を食べるときもスケーラーで重さをはかって、カロリー計算をしたりしながら食事をしていました。

学校のお昼は、毎日欠かさずにりんごと春雨ヌードルのみしか食べていませんでした。今考えるとぞっとしますが、そのときは本当に必死でした。

[wpap service=”with” type=”detail” id=”4074212404″ title=”“太るクセ→ヤセるクセ”]

2.フェイスパックとコロコロ

そのほかの美容的な自分磨きは、

  • 毎日朝晩忘れずにフェイスパック
  • お風呂の中ではコロコロで身体中の脂肪に向かって押しつける

 

3.SNSで彼と元カノのチェック

彼女がいないか確認のために、友人の彼氏を使ってメールで有無を聞いてもらいました。元カノが、まだ彼に未練があるという噂を聞いてからは元カノのSNSを毎日チェックし、復縁しないか監視していました。

 

ときには別人を装ってメッセージを送り、彼との復縁の状況を探ったりしていました。ふたりの関係がもう戻ることはないとわかったときは、大喜びしていました。

 

4.相手の好きな音楽を聞きまくる

相手が好きだと言っていたミュージシャンのCDをブックオフで買い集め、すべて聴きました。

彼がオススメだと言っていた曲は、毎日何回もCDが擦り切れるくらい聴き込みました。

今思えば、彼がオススメしてきた曲は失恋の曲でした(笑)

 

5.彼の好きな髪型にした

彼がショートカットが好きだと言っていたから、何年も伸ばし続けていた髪をショートにしました。

 

6.告白が成功する方法を調べる

恋愛本を買い、どうしたら振り向かせられるのか毎日調べました。ネットでもたくさん検索しました。

 

7.神頼み

片想いが実るという噂の神社にも行きました。

他には、その当時流行っていた、「電車の両想い切符」いい点数が出たものは必ず持ち帰っていました。

 

8.お母さんに愛想を振りまく

彼のお母さんが部活に来たときには、お母さんに気に入られようと笑顔を絶やさずに愛想を振りまきました。

 

9.シャンプーの香り作戦

その当時読んでいた雑誌の特集に、「香りで異性を振り向かせられる」と読んだことがあり、シャンプーの香りがする香水をつけて会いに行っていました。

 

10.彼の好きなものをマネする

もともと好きでなかったけど、彼がいつも学校の自動販売機で無糖の紅茶を買っていたので、私もそれを知ってからは、無糖の紅茶しか飲まなくなりました。

 

今振り返ると、いろいろやってました。彼とメールできたときは、手帳にハートのシールを貼っていました。返事がないときは、わざと間違いメールを装って彼にメールをしていました。

とにかく相手の視界に入るように、彼が現れそうな学校のスポットに行っては、目を見て笑顔で挨拶するようにしていました。

 

卒業式の日。いよいよ告白

駅構内 待ち合わせ

彼が卒業の日。このままではいけないと思い、駅で彼が帰ってくるの友達とずっと待っていました。

そこでは、彼は友達と一緒だったので告白はできずに、学ランのボタンだけもらうことにしました。

第2ボタンがほしかったけど言えず、彼がくれたのは第1ボタン。

その夜に電話をして、「ずっと大好きでした……先輩の支えになりたいです。私じゃ、だめですか?」と告白をしました。あまりの緊張で手の震えと声の震えが止まりませんでした。

その後、彼は、「ちょっと考えさせて欲しい」と言ってきて、その日の告白はそれで終わりました。ここでも、彼はずるいなと思いました。いつも期待を持たせるんです。どうせフラれるくらいなら、そのときにふってほしかったです。

 

野球部の先輩への片思い。告白の結果

スマホ操作 女性

結局3日後にメールが来て、あっけなくフラれてしまいました。

「付き合うことはできません。」と……だったらなんで早くふってくれなかったんだろう。少しでも悩んでくれたのかなとか、期待してしまった自分がバカみたいで本当に悲しくて悲しくて、涙が止まりませんでした。

そのあとも諦めることができず、結局高校3年間、私は彼を思い続けました。

何度もメールをしては1回返って来て、そのあと無視されたり、誕生日には必ず「おめでとうメール」を送ったりしました。とてもしつこい女だったと思います。でも、思い続ければ、両思いになれると当時は本気で信じていました。

 

3年間ずっと片思い

その当時は、大好きで大好きでたまらなくて、思い続ければ両思いになれると信じていたけれど、結局片想いのまま3年間が終わりました。

私の高校生活の青春は、すべて彼に捧げました。でも、どんなに思っても叶わない恋はあります。だからといって、はじめから諦めることはしないでほしいです。今思えば、あんなに人を想い続けられたのってすごいことだなと思うし、大人になってみるとすごくかわいい思い出となっています。

今の自分なら、「恋愛の知識も増えたし、メイクもうまくなったし、今なら彼を落とせるね」って、女友達と笑い話にできています。

あんな純粋に片想いすることは、学生にしかできないと思うし、「いい経験ができたな」と、自分をほめてあげたいです。

がんばれ! 恋する学生諸君!