耳鳴りをスピリチュアル的に意味を考える。分析してわかった8つの霊的なメッセージ

耳鳴りスピリチュアル
スポンサーリンク

しい毎日をすごしていると、自覚のないままに体の不調をため込んでしまうパターンが多いですよね。

そのあげく、せっかくの休日なのに、起き上がるのがおっくうになり、何もしないまま夜になってしまうとか、もったいないすごしかたをしてしまう人も。

とくに頑張り屋さんのあなたなら、肩こり、頭痛、だるさ、冷え、耳鳴り、食欲がない……こんな症状だけだと、「このくらい、なんでもない。」と、適当にやりすごしてしまいがちでは?

そんな「なんでもない」はずの「耳鳴り」。でも、スピリチュアルな意味があるのです。

スポンサーリンク

高い音の耳鳴りは霊と関係する?

霊 ゴースト

現代のスピリチュアルの考えかたでは、「耳鳴り」は「霊」の存在と直結する可能性は低いと考えられています。

しかし、例えば寺院や遺跡など、霊的なパワーの強い場所で感じる高音の「耳鳴り」は、そこにいる高次の存在に、第六感が反応して引き起こされるとされています。

パワースポットで「耳鳴り」を感じるなら、あなたには霊的な受信能力があることを意味します。

 

今のように、情報がそう簡単に手に入らない時代は、耳鳴りは「近くに霊がいるサインだ」と意味づけられていました。

「霊」は悪い影響を及ぼすとされ、塩をまいたり簡単なおまじないをしたりして、身を守ろうとしました。

「病気」は「死」に結びつきやすいため、それを防ぐために身辺のわずかな変化からでも予見しようとしていたのです。

そして、「耳鳴り」は「霊」の存在を表すメッセージのひとつと考えられてきました。

 

低い音の耳鳴りはスピリチュアル的な意味を持つ?

「耳鳴り」は、一般的に「キーン」という金属的な高い音を感じることが多いのですが、底からうねりが生じたような、低い音域の「耳鳴り」を感じることもあります。

スピリチュアルな意味では、高次の存在からの、「ストレスや疲労によって、注意力が低下しているため、思わぬ事故につながりやすい」という警告を表しています。

日頃、体のメンテナンスが十分でないと感じるときは、医療機関への相談を検討しましょう。とくに耳閉感(耳が詰まった感じ)と共にあらわれる「耳鳴り」は、メニエール病や難聴の可能性が考えられ、30~50代の女性に多いです。

家庭に仕事に子育て、自分のことなんか後回しになりがちな時期だからこそ、そんなサインを見逃してはなりません。

 

耳鳴りがキーンと響くときは、「アセンション」している?

霊 光 神秘 スピリチュアル

スピリチュアルな意味では、耳鳴りは「アセンション」のサインを表しています。

「アセンション」とは、「次元上昇」、つまり、「人生の中で、エネルギーレベルが上昇する」「魂の波動が、3次元から5次元にレベルアップする」ことで、霊的に今より向上することを表しています。

人間の魂は、「カルマ(自分でおこなってきたこと)」を背負っています。肉体を持った自分がおこなってきたよいこと、悪いことのすべてが、その魂に刻み付けられます。生きている限り、それは変えられないことです。

そして、刻み付けられた「記憶」は、本人の意思に関係なく蓄積されていき、必ず清算されなくてはいけないものとして、来世に先送りされます。

これが「輪廻転生」の仕組みです。

 

輪廻転生の最終目的は、「清算されるべきものがなくなり、次に生まれ変わる必要がなくなること」、つまり「解脱」ですが、そこに向かって少しずつ「カルマ」を清算することで、魂の次元を上げることができます。

これが「アセンション」です。

 

「アセンション」は精神的な向上ですが、それに伴って肉体的な症状があらわれます。そのひとつが甲高い「耳鳴り」というわけですが、他にも、

  • 「味覚の好みの変化」
  • 「湿疹がでる」
  • 「極度の疲労」
  • 「めまいがしたり、ふらついたりする」

などの変化があらわれます。

魂はみんな、「カルマ清算」のために生まれ変わりを繰り返しているのですが、最終的にはその繰り返しから逃れ、天上の世界に存在することで輪廻の遍歴は終わります。

 

左耳だけ耳鳴りがする、スピリチュアル的な意味はある?

左耳だけに「耳鳴り」を感じるときのスピリチュアルな意味は、「誰かがあなたの噂をしている」ことです。

内容はあまりよくないことのほうが多いです。耳鳴りの音が繰り返し重なって、ざわついた雑音に聞こえるときは悪い噂である可能性が高いでしょう。

悪い噂話は決して褒められた行為ではありませんが、あなた自身に落ち度はなかったか、これを機に振り返ってみるのはいかがでしょうか。反省は、つねに好転のきっかけになりますよ。

 

右耳だけ耳鳴りがする、スピリチュアル的な意味はある?

右耳だけに「耳鳴り」を感じるときのスピリチュアルな意味は、「誰かがあなたの行為を高く評価している」ことです。

また、親せきや身内の人など、あなたにとって身近な人が突然訪ねてくるきざしでもあります。

右耳の「耳鳴り」を吉兆のあかしとする国もあるくらいです。それは、運勢の好転を表すサインといえましょう。

 

耳鳴りがする時間帯によって、意味が違う?

「耳鳴り」は、聞こえる時間によっても、それぞれの意味を持ちます。

古来、中国の民衆の間では、「耳鳴り」の聞こえる時刻で未来を知るという占いがおこなわれていました。それを「平常占」(へいじょうせん)といいます。

その内容を簡単に紹介しましょう。

23時~1時

左耳:誰かがあなたを想っている

右耳:これから散財の機会がある

 

1時~3時

左耳:誰かと口論になる

右耳:訴訟問題が降りかかるかも

 

3時~5時

左耳:これから散財の機会がある

右耳:焦ってものごとの失敗を招く

 

5時~7時

左耳:食事の機会がある

右耳:誰かが訪ねてくる

 

7時~9時

左耳:遠くに行く機会がある

右耳:誰かが訪ねてくる

 

9時~11時

左耳:悪いことが起きる

右耳:とてもいいことが起きる

 

11時~13時

左耳:遠くにいる人が連絡をくれる

右耳:血縁者が訪ねてくる

 

13時~15時

左耳:食事の機会がある

右耳:遠くにいる人が訪ねてくる

 

15時~17時

左耳:遠くに行く機会がある

右耳:いいことがある

 

17時~19時

左耳:これから散財の機会がある

右耳:とてもいいことがある

 

19時~21時

左耳:食事の機会がある

右耳:誰かが訪ねてくる

 

21時~23時

左耳:とてもいいことがある

右耳:食事の機会がある

現在使われている24時間制にあてはめるとこんな感じです。2時間ごとに変化しているのは、24時間制が使われる前の古代中国や日本では、十二支で1日を区切っていて、その一区切りは約2時間になるためです。

 

右耳と左耳では、やはり違う意味を表します。「訴訟問題」や「散財注意」を表す「耳鳴り」は、とくに気が引き締まりますね。

 

耳鳴りと恋愛の関係

「耳鳴り」が恋愛に持つスピリチュアルな意味は、「想いを伝えるのは今」です。

想いを寄せる人がいるあなた。でも、いつどうやって、その想いを伝えたらいいのか……。そんな悩みを抱えているとき、「耳鳴り」が聞こえたら、思い切って告白してみては?

また、もうすでにパートナーがいるあなたが「耳鳴り」を感じたとき、しかも、低音に響く音のときは、お互いの気持ちがすれ違っている時期であることを示しています。

表向きは平穏に見えても、お互いの間に冷えた空気を感じることはありませんか? こんなときの「耳鳴り」は、パートナーとの関係性を見直すことを勧めています

せっかく出会った縁です。もう一度見つめなおしてみれば、相手の新たな魅力を見つけることができるでしょう。

 

耳鳴りとツインレイの関係

ツインレイ ツインソウル

「耳鳴り」が聞こえたとき、あなたにとって唯一無二の存在が近くにいることをあらわしています。

「ツインレイ」は、もとはひとつのものなので、あなたとは外見だけでなく、その精神性や運命においても多くの共通点が見いだせます。

お互いが魂の向上を強く願うあまり、奇跡的に同時代を生きることになったのでしょう。

「ツインレイ」同士が出会うとき、肉体的にあらわれるしるしは「耳鳴り」だけではなく、

  • 「味覚の変化」
  • 「めまい」
  • 「強烈な眠気」

などの自覚症状があります。精神的には、「多幸感」「既視感」そして、何ともいえない「懐かしい気持ち」が心にあふれてきます。

最近、よく「耳鳴り」を感じるあなたなら、大きな影響を持つ存在が近くにいることに気づくでしょう。

 

まとめ

「耳鳴り」には、こんなにスピリチュアルな意味がありました。

「ただ不快なだけ」「ちょっと疲れているだけ」と軽く流してしまう前に、「耳鳴り」の示すスピリチュアルな意味を通して、現実を見てみませんか。

あなたの人生の持つ、新たな一面に気づかされるでしょう。

でも、不快な症状がずっと続いているなら、迷わず医療機関への相談をお勧めします。

心と体のメンテナンスをこまめにおこない、あなた自身を大切に生きることで、まだ見ぬ存在への出会いが近づくでしょう。

コメント