元占い師推薦【電話占い】初心者向け3サービスを解説◀◀今すぐタップ

誤解を解く方法【5つの原因分析】友達や職場、LINE別の解決法

誤解を解く方法【5つの原因分析】友達や職場、LINE別の解決法

氏や友人と会話をしていて、無意識のうちに相手を傷つけてしまうことがあります。

自分にはまったく悪気はなかったのに相手が怒ってしまったとき、1秒でも早く誤解を解いて関係を修復したいと思うもの。

そこで、今回は誤解される原因と、その対処方法を紹介します。

「あいまいな言葉を使わない」「伝えるタイミングを考える」など。心理学的な観点でも参考になるヒントがみつかり、日常の生活がよりスムーズになるでしょう。

誤解されてしまう5つの原因とは

誤解されてしまう原因は大きくわけて5つあります。

ひとつずつみていきましょう。

1.おとなしく意見がいえない性格

1.おとなしく意見がいえない性格

おとなしくて人見知りをしてしまう性格は、誤解されてしまう原因のひとつ。

自己主張が苦手なので自分の意見をはっきりいえず、何を考えているのかわからないと思われてしまうことに。苦手意識をもつことにより、さらに人見知りが激しくなってしまう悪循環におちいってしまいます。

自分の気持ちをいわないままでいると、あなたの主張を勝手に推測され、いいように利用される可能性も。自分の意見をはっきり伝えることが重要。

 

2.言葉が抽象的

話が抽象的すぎる場合、誤解が生じやすくなります。

言葉が足りなったり、単語の選択を誤ったりすると説明不足になり、相手を傷つけるおそれも。家族や親しい友人の間では真意をくみ取ってもらえても、そうでない相手には伝わらず誤解を与えてしまうことに。

まだ打ち解けていない相手には、抽象的な言い回しは避けたほうが無難です。

 

3.相手のスキルや知識を考えない

相手のスキルや知識を考慮しないのも、誤解を与えてしまう人の特徴。

物事に対する知識レベルは人それぞれ。それを考えず、相手がそれを知っていること前提で話を進めると、当然ながら話に食い違いが発生します。

この誤解をそのままにしておくと、そのうち重大なミスにつながりかねません。相手の知識やスキルをよく把握しておくことが、誤解を避けるためには大切です。

 

4.◯◯だろうと決めている

初対面の人に対して、第一印象だけで相手の性格を決めつけているケースも。

自分の中で勝手にレッテルを貼ってしまうと、お互いの認識に食い違いが起こり誤解を招くことに。詐欺にあってしまう人も、このケースに当てはまることが多いのです

相手の性格を知るのは容易ではありませんが、第一印象だけで〇〇だろうと勝手に思い込むのは危険。

 

5.表情で損してしまう

5.表情で損してしまう

表情で損をしてしまうのも、誤解を招いてしまう人の特徴です。

愛想や愛嬌に乏しく、話しかけたのに反応が薄いと相手に「この人は自分と話したくないのだろう」と思われてしまいます。また、無表情だと近寄りがたく、話しかけづらい雰囲気に。

感情が表に出づらいタイプの人は、つねに笑顔を心がけてみましょう。

 

誤解を解く方法9選

次に、誤解を解くための方法を9つ紹介します。

自分にあった方法を探してみましょう。

1.自分の意見は伝える

誤解を解くためには、自分の意見をはっきり伝えることが大切。

あいまいな言葉でにごそうとすると、さらに混乱を招いてしまう恐れがあります。自分の意見をはっきりいうことで誤解が解け、誤解の予防にもなるのです。

自分の気持ちを冷静に説明すれば、相手との関係が険悪になることもありません。

 

2.「とりあえず」などあいまいな言葉は使用しない

あいまいな言葉を使用すると、誤解が生じやすくなります。

「とりあえず」といった言葉は非常に抽象的であり、意図した内容が伝わりにくくなるもの。また、適当な印象を与えるために相手が不信感を抱いてしまう恐れもあります。

自分の意見をいうときは、具体的な言葉ではっきりとわかりやすく伝えましょう。

 

3.話し合う

誤解を解くためには、相手ときちんと話し合うことがカギ。

まず、相手の話をよく聞くことからはじめましょう。相手に関心をもったり理解したりすることで、あなたに興味をもってくれる可能性が高まります。

自分のことを理解してもらうには、まず相手の話を聞くことが必要です。

 

4.ほめることを意識する

ほめることを意識するのも、気持ちを伝える手段して有効な方法。

誤解されやすい人は、ネガティブな言葉を使ってしまいがち。ポジティブな言葉で相手をほめると、あなたに対して心を開きやすくなるのです。

誰だってほめられればいやな気はしないもの。相手のよいところをしっかり見極め、心からほめましょう。

 

5.間違ったら自分から謝る

間違ったら自分から謝るのも、基本的ですが非常に重要です。

自分が悪くなかったとしても、相手が怒ってしまったのなら意地を張らずに謝りましょう。こちらから歩み寄れば、相手も心を開いて話し合いができるようになります。

周囲の人に頼らず、自分できちんと謝ることがポイント。

 

6.笑顔を意識する

6.笑顔を意識する

相手と話すときは、つねに笑顔を意識しましょう。

笑顔をみせることで相手の心を解きほぐし、打ち解けやすい雰囲気をつくれます。相手が敵意を向けてきたとしても、自分は笑顔を心がけることが大切。

日頃から笑顔で接することを意識していれば、誤解されることも少なくなりますよ。

 

7.伝えるタイミングを考える

7.伝えるタイミングを考える

誤解を解くためには、伝えるタイミングが重要です。

相手が怒ってしまい、聞く耳をもってくれないときは避けたほうが無難。問題がますますこじれてしまう可能性が高くなるので、相手が落ち着くまでは静かに見守りましょう。

冷静に話し合えば誤解は必ず解けるので、じっくりとタイミングを見計らってください。

 

8.上から目線や第一印象だけで話さない

上から目線で話したり、第一印象だけで決めつけたりしないことも大事。

誤解されやすい人は、無意識のうちに相手を見下したり、〇〇だろうと思い込んだりしがち。相手の置かれた状況や立場にまで理解が回っていないケースも多いのです。

また、何気なく使う言葉にも、上から目線に聞こえてしまうものがあります。「それで結構です」などといってしまうと、冷たい響きになってしまうので、言葉の選択にも注意が必要。

 

9.友人や職場の同僚にフォローしてもらう

友人や職場の同僚にフォローしてもらうのも、誤解を解くためには有効な方法。

問題が大きくなりすぎて自力ではどうにもできなくなった場合、第三者に手伝ってもらいましょう。ほかの人が間に入ってくれることで、相手も冷静になり話を聞いてくれる可能性も。

話し合える状況になれば、自分で説明したり謝罪したりすることもできます。しかし、あくまで第三者はフォローする立場。しっかり自分で解決することが大切です。

 

職場で誤解を解く方法

職場で誤解を解く方法

仕事をしていると、職場で誤解されてしまうこともあります。

たとえば、根も葉もないうわさを流され、今まで親しくしていた同僚からある日突然避けられてしまうケースがあります。この場合、共通の同僚や友人などに誤解であることを伝えてもらうと効果的。

また、誰にも頼れない場合は、メールや手紙で自分の思いを伝えてみましょう。時間が経過して相手が冷静になれば、落ち着いて話を聞いてくれる可能性もあります。

 

恋人や好きな人、友達の誤解を解く方法

恋人や好きな人、友達などに誤解されると悲しくなって、すぐにでも誤解を解きたいと思うもの。しかし、LINEやメールをしつこく送っていると相手の怒りがますますヒートアップしてしまうことも。

まずは時間を置いて説明するタイミングを見計らいましょう。できれば直接会って、お互いの顔をみながら話すのがベスト。

また、好きだからこそ恥ずかしくて避けてしまうケースも。相手は「自分は嫌われた」と思い、向こうもあなたを避けてしまう可能性が高いです。

この場合は、こちらから素直に謝りましょう。嫌いで避けているわけではないことを説明し、勇気を出して自分から相手に歩み寄ることが大切。

 

LINEやメールの誤解を解く方法

LINEやメールの誤解を解く方法

LINEやメールでは、お互いの顔が見えず文字だけのやりとりになるので誤解が発生しやすくなります。

こういったケースは、弁明を重ねると問題が余計にこじれる傾向があるので、まずはいさぎよく謝ってしまうのもひとつの方法。

相手がレスしたときは、すぐに返信するのも大切です。時間が経ってしまうと、相手は無視されていると感じてますます怒りをつのらせることに。

相手の怒りが収まらないうちにスタンプを使うのも危険。バカにされていると感じ、ますます収拾がつかなくなってしまいます。

人はどうでもいいと思っている相手には、強い感情をぶつけることはほとんどありません。相手があなたに対して怒りをあらわにしているということは、あなたを信頼しているからといえます。誠心誠意をもって謝れば、きっと関係は修復されるはず。

スポンサーリンク

まとめ

親しい人や好きな人に誤解されてしまうのは、とても悲しいもの。

しかし、適切な対処をすればきっと和解できます。このトラブルを乗り越えれば、よりよい関係にステップアップできるでしょう。

人間関係はむずかしいものですが、相手が大切な人であればあるほど、簡単に途切れる関係ではないと信じることが大切ですよ。

タイトルとURLをコピーしました