元占い師推薦【電話占い】初心者向け3サービスを解説◀◀今すぐタップ

ツインレイとシンクロする【5つの瞬間】とシンクロする4つの理由と特徴

ツインレイとシンクロする【5つの瞬間】とシンクロする4つの理由と特徴

「シンクロニシティ」という言葉を聞いたことがありますか?

ツインレイのふたりの間によく起こる現象がこの「シンクロ」。このシンクロの特徴を知っておくことで、自分自身にシンクロが起こったときに認識しやすくなるのです。

ツインレイとのシンクロの特徴や発生する理由などについて、くわしく紹介していきます。 

ツインレイとのシンクロとは

ツインレイとのシンクロとは

ツインレイとのシンクロとは、サイレント期間を経たあとに起こる現象のこと。

もともとひとつだった魂がふたつにわかれたものがツインレイ。出会えばひと目でひかれ合います。しかし、違う形の魂となったふたりはサイレント期間を乗り越えなければ、統合に到達できません。

この試練を乗り越えたあとに、ツインレイのシンクロは起こります。

ツインレイのシンクロは、わかりやすくいうと「復縁」。サイレント期間では、逃げようとするランナーとそれを追いかけるチェイサーにわかれます。ランナーとチェイサーが物質的に離れ、お互いに魂のレベルアップに努めることで「復縁」を迎えるのです。

復縁したツインレイは、相手との偶然の一致を感じることが多いもの。この「偶然」には意味があり、この「偶然」はツインレイにとっては「必然」であるといえます。

このようにツインレイには特徴的なできごとがいくつかあります。くわしくはこちら>>ツインレイの特徴!魂の見分け方と男女差31パターンで早わかり

ツインレイの特徴!魂の見分け方と男女差31パターンで早わかり

ツインレイがシンクロする5つの瞬間

1.お互いのこだわりがなくなったとき

シンクロする瞬間のひとつは、お互いのこだわりがなくなったときです。

もともとはひとつの魂だったツインレイですが、それぞれ異なる環境や価値観で生まれ育ってきたので、どうしても相容れない部分が生じます。同じ魂をもつ特別な存在だからこそ、自分と違う部分が受け入れがたく感じるもの。

覚醒によって自分の価値観に対するこだわりがなくなったとき、相手の価値観を受け入れてシンクロできるようになるのです。

 

2.カルマの浄化が起こったとき

カルマの浄化が起こるとシンクロが発生します。

ツインレイのふたりが出会ったときにカルマが浄化されていない場合、サイレント期間に突入してしまうことも。ランナーとチェイサーとして離れている間も、お互いがそれぞれ経験を積んで魂を成長させることが大切。

魂が成長し、カルマが解消されるとツインレイは覚醒してシンクロが起こります。

 

3.ツインレイの確信がもてたとき

ツインレイはシンクロすると、相手がツインレイであると確信できます。

同じ魂をもっているツインレイは、出会ってすぐに相手が特別な存在であると気づけるもの。言葉を交わさなくても、直感でツインレイであると感じ取れます。

たくさんの試練を乗り越えたツインレイのふたりだからこそ、シンクロできるのです。

 

4.ツインレイのことを考えていると連絡がくる

ツインレイのことを考えていると連絡がくる

ツインレイのふたりの間では、「相手のことを考えていると連絡がくる」ことが特徴。

ツインレイの相手に連絡をしようかなと考えていると、そのタイミングで相手から連絡がくるケースがひんぱんにみられます。ツインレイのふたりが魂のレベルをあげることで、潜在意識がつながりやすくなるもの。

あなたが相手のことを考えているときに、相手もあなたのことを考えているのもシンクロなのです。

 

5.ツインレイの感情や悩みが理解できる

ツインレイがシンクロすると、相手の感情や悩みが理解できるようになります。

相手の感情が頭の中に浮かんできたり、痛みを感じたりも。ツインレイとのシンクロを察知するには、いつも相手の存在を意識することが大切。

ツインレイは魂がつながっている特別な存在なので、根拠がなくてもスピリチュアルな感覚で「シンクロしている」と感じ取れるのです。

 

ツインレイとシンクロしたときの特徴

男性がランナーになりやすい

ツインレイとシンクロしたときの特徴として、男性がランナーになることが多いもの。

サイレント期間において、ツインレイはランナーとチェイサーにわかれますが、ランナーになるのは圧倒的に男性が多数です。少数ですが女性がランナーになる場合も。

 

女性はチェイサーに覚醒する

また、ツインレイがシンクロすると、チェイサーとなった女性が覚醒しやすいのも特徴。

ランナーがツインレイの元から離れ、ふたりがそれぞれサイレント期間を過ごすことに。チェイサーはこれまでのこだわりや価値観を捨て、精神性を高めて覚醒します。

チェイサーである女性が覚醒すると、ランナーがチェイサーの元に戻ってくるケースも。

 

男性は女性がチェイサーに覚醒するとランナーに覚醒

女性がチェイサーとして覚醒すると、男性はランナーに覚醒します。

魂の双子といわれるツインレイは、片方が覚醒するとそれにつられてもう片方がそれを感じ取ることも。また、覚醒したチェイサーがまだ覚醒していないランナーに対して悩むケースがあります。

ふたりが覚醒すると、言葉を使わなくても通じあえます。

 

女性はスピリチュアルなものに開眼する

女性はスピリチュアルなものに開眼する

ツインレイ女性は覚醒すると霊的に目覚め、スピリチュアルな現象を悟りやすい傾向に。

チェイサーである女性は霊感が強く、神や宇宙とのつながりを意識しやすいもの。ランナーである男性が物質の世界に進めば進むほど、女性はスピリチュアルな道に進み、精神性を高めていくことになります。

ツインレイのふたりが統合することで、精神と物質のバランスがとれるようになるのです。

 

男性の行動によってシンクロしやすい

男性の行動がシンクロのきっかけになることも。

覚醒するのはチェイサーである女性ですが、シンクロに向かうための第一歩を踏み出すのはランナーである男性が多いもの。ランナーはサイレント期間で自分と向き合って経験を積み、自信を取り戻していきます。

チェイサーを受け入れる準備が整ったとき、ランナーである男性は行動を起こすのです。

 

ツインレイとシンクロする理由

お互いが認識するため

ツインレイがシンクロするのは、お互いをツインレイであると強く認識するため。

出会ったときにはシンクロが起こっており、統合に至るまでシンクロを重ねていくことによってお互いをツインレイだと認識させていくのです。

統合後には、ふたりのエネルギーがいっそう活発に交流するので、さらにシンクロの発生が多くなります。

 

お互いの波動が高くなっている

お互いの波動が高くなっている

ツインレイのシンクロが起こるには、お互いの波動が高まっていることが必要。

ツインレイがそれぞれの試練を乗り越えると、再会の兆しが少しずつみえてきます。ふたりの波動が高まるとお互いにシンクロしていることを認識し、相手がかけがえのない大切な存在であることを感じるもの。

シンクロによって相手を再認識することで、ツインレイのふたりは魂の統合へとより近づいていけるのです。

 

現実と向き合っているから

ツインレイのシンクロがおこる理由のひとつが、現実と向き合っているから。

ツインレイと出会えるのは前世のカルマのおかげです。しかし、そのカルマによって数々の試練に見舞われるツインレイ。その困難に対して必死に立ち向かうことでシンクロが生じ、今を生きているという実感を得られるのです。

シンクロがおこるのは、ツインレイの試練を乗り越えた証といえます。

 

シンクロは誰にでも起こっていること

シンクロというと特別なことのように思えますが、実はそう珍しいことではありません。

わかりやすいシンクロでないときは見過ごしてしまいがちですが、誰にでも日常的に起こりうるもの。ふと目にした車のナンバーが相手の誕生日だったり、なんとなく目にしたポスターに相手と同じ名前があったり。そういった現象もシンクロと考えられます。

だからこそ、常にツインレイの相手とのシンクロを意識して生活することが大切です。

 

ツインレイとうまくシンクロするポイントは?

ツインレイとうまくシンクロするポイントは?

ツインレイのシンクロは、焦らず静かに待つことが重要。

ツインレイとしての試練を乗り越えれば、おのずとシンクロするときが到来します。ネガティブな気持ちは捨て、ポジティブな気持ちで相手を信じましょう。ポジティブになることによって視野が広がり、より魂が成長するのです。

また、頭の中でいろいろ考えているより、直感にしたがうことが大事です。ツインレイのふたりが潜在意識によってつながるのがシンクロ。常に直感的であることで、ツインレイとのシンクロをいっそう感じ取れるようになるのです。

じっと待つのはつらいものですが、ツインレイのことを思いながら自分を磨き続けることで、シンクロに少しずつ近づいていけますよ。

スポンサーリンク

まとめ

言葉を交わさなくても通じ合うのがツインレイの「シンクロ」。これは魂の統合へ向かうためのステップです。

ツインレイとは強いキズナでつながっているからこそ、シンクロを感じ取れるもの。常にツインレイの存在を意識し、相手の幸せを願いましょう。あなたが相手を思うことで、テレパシーが相手に届きシンクロするのです。

周囲のささいな変化にも気づけるよう、ポジティブな気持ちでいることを心がけましょう!

タイトルとURLをコピーしました