水色が好きな人【男女の恋愛傾向】3つの心理特徴や性格・スピリチュアル的意味

水色が好きな人【男女の恋愛傾向】3つの心理特徴や性格・スピリチュアル的意味

にかと身に着けている好きな色。「水色」が好きという人は多いかもしれません。

あえて水色を選ぶ心理的背景があるのでしょうか。

「水色」のアイテムばかり身につけている人が気になる……。性格や特徴、恋愛傾向もさぐってみたいところです。

「色彩」はわたしたちの生活に影響をあたえています。さまざまな無意識の選択に関係しているとすれば、色のもつ特徴やその色彩を好む人の性格を知っておきたいとおもわれるかもしれません。

今回は「水色」のもつイメージや意味、水色が好きな人の特性に迫っていきます。独自のスピリチュアルな視点もお伝えしていきましょう!

水色が好きな人の心理

水色が好きな人の心理

「水色が好き」な人は、ポジティブな状況にあることが多いです。常に心を開放的にしておきたいという心理もあわせもっています。

水色が好きな人の心理を分析していきましょう。

開放的でありたい

水色が好きな人は、無意識に広大な青空に自分の心を重ね合わせています。

水色といえば「空」のイメージであり明るく開放的な色。水色を選択する人は、どこまでも広がる澄んだ青空を突き抜けるような心理状態にあるといえます。

水色が好きな人は、水色を目にしたり、水色の服を着たりすることで開放感につつまれる感覚をもつのです。

 

こまやかで隅々まで気配りがきく

水色が好きな人は、とても感受性が豊かです。

青と白の繊細なグラデーションに、自分の感性を落とし込むような心理。

なにごとにも神経を張り巡らせているので、ちょっとした周囲の変化にも敏感。

仕事に集中しながらも、周りがよくみえている人です。

水色が好きな人とは「心の安定」を求めているともいえます。

 

希望にあふれている

水色は前向きな心をもつ人が選ぶ色。

突き抜けるイメージから、希望にあふれている人は自然と水色に惹かれるようになるからです。年齢によらず、水色の衣服を身につけている人は若々しくみえますよね。

気持ちが落ち込んだときも、水色をイメージすると力強い希望にあふれる感覚を実感できるのです。

 

水色が好きな人の性格

水色が好きな人の性格

総合的にみれば「知的であり、繊細さにあふれ、なにごとも冷静に対処できる人」。水色が好きな人の性格です。

もともと水色は繊細さの象徴的な色であり、品格を感じさせる水色の特徴がそのまま人格にもあらわれるからです。

「ひかえめ」とみられがちですが、常に周囲への気配りがあるがゆえ。冷静にものごとに対処する姿は、周囲から一目おかれる存在になります。

自尊心が高いこともあり、上下関係を大切にするため、言葉づかいにも敏感。

ルーズさを嫌うため、相手によっては強い態度にでることも。自律を重んじているからです。

基本的には、感情的になることがあまりなく「ものしずか」なのが水色を好む人の性格です。

 

水色が好きな人の恋愛傾向

水色が好きな人の恋愛傾向

恋愛の相手は「水色」が好きという場合。水色が好きな人の恋愛傾向を知っておくことで相手との相性もわかるかもしれません。

水色が好きな人の傾向としては「わが道をいく」タイプが多いのですが、恋愛に関しては奥手であることも。

男性と女性、それぞれ恋愛の特徴をみていきましょう。

男性の場合

水色が好きな男性の恋愛傾向としては、かなり「慎重派」といえます。

紳士的でスマートな印象をもつ人が多く、冷静さがモットー。まず恋愛においては「相手を傷つけまい」とする気持ちがはたらくからです。

女性をグイグイ引っ張るような恋愛というよりは、やさしく包容する恋愛となります。

慎重である反面、直観力にすぐれているのが水色好きの男性。ここぞとばかり女性にアプローチして落とす。インスピレーションと行動力もあわせもっているといえます。

 

女性の場合

水色が好きな女性の恋愛傾向は「自由」がキーポイント。

表向きは明るく社交性にあふれていますが、人間関係に縛られたくないという心理が根底にあります。それゆえ恋愛においては、そっけない態度をとることが多いのも水色好きの女性。

男性からのアプローチはあまり好まないのですが、感性や価値観を共有できる相手には、女性のほうから寄り添う恋愛となります。

自由を愛しますが、もともとはナイーブであるため「弱さ」をさらけだせるのも好きな男性の前だけです。

 

水色が好きな人の特徴

水色が好きな人は、水色に惹かれる特徴があるゆえ。どのような人が水色に惹かれるのでしょうか。水色を好きになる人の特徴をみていきましょう。

変化したい気持ちがある

「現状に満足していない」のが水色が好きな人の特徴。

青空の色は刻々と変化していきますよね。流れていく風景に心を寄せる背景には「自分を変えたい」という願望が秘められているのです。

部屋の模様替えなど、新しい生活様式をのぞむときなどによく採用されるのが水色。

変化を求めているときに、水色をイメージしやすいのです。

 

緊張から開放されたい

濃い水色を求めるような人は、少し疲れているのかもしれません。

青のもつネガティブで冷たい要素は、抑制や緊張といった自分の感覚を自覚することができます。無意識に水色を選択することで、いちど自分をリセットさせようという気持ちがはたらいているといえるでしょう。

恋愛がスムーズにいっていないときなど、青や水色の色に囲まれると落ち着くこともあります。

水色を選ぶのは、落ち込んだ自分を前向きにしたいという気持ち。水色が好きな人の特徴です。

 

水色のイメージ・意味

水色のイメージ・意味

水色のイメージ・意味は、3つあります。

さわやかである

水色について、多くの人がもつイメージが「さわやかさ」。

水や空といった天然色とリンクしやすいからですね。

相手への好感度があがる色として水色は彼・彼女との初デートにはもってこい。清楚なイメージが心をとらえます。

水色は自然に周囲にとけこむ万能な色であるといえるでしょう。

 

洗練されている

研ぎ澄まされた「感性」は水色のもつイメージと一致します。

清潔感にあふれ品のある水色。よい意味で「意識の高い」人に好まれる色です。

ウエディングにおいても衣装としてえらばれやすいのが水色ですね。

人生の節目で、水色の「いい感じ」をとりいれている人は多いのです。

 

冷静である

寒色系である水色のイメージは文字どおり「冷静さ」の意味があります。

水色を視覚に感じると、脳内の神経伝達が適切にはたらくため、リラクゼーションが促進されるからです。

初対面での商談などの緊張する場面。水色のシャツを着るだけで、多くを語らずに相手に安心感を与えられることも。

水色を身に着けることで、自分だけでなく周囲にも落ち着いたイメージを印象づけます。

 

水色を使った効果

水色を使った効果

水色がもたらす心理的効果。わたしたちが視覚でとらえた色彩は、さまざまな意味づけに影響をもたらすことも。

若々しさや知性、安心感など水色がもたらすイメージと効果をみていきましょう。

若々しさを強調

水色の着衣は、相手に若さを印象づけます。

ユニホームでよく採用されるのも水色。ハツラツ感をもたらすからです。

歳よりも若くみえる効果は、少し「恥ずかしさ」もあるかもしれません。衣服でなくてもアクセサリーなどワンポイントにとりいれることで知性が増すのも水色の効果。

年齢によらず水色をうまく活用することで「若い」イメージをあたえる効果があるのです。

 

相手に安心感をあたえる

安心感をアピールするのであれば水色を意識して魅せる。

水色の衣服を着た人は、男女にかかわらず凛とした印象を周囲にあたえるからです。

緊張感あふれるビジネスシーン。水色のシャツを意識してとりいれることで、周りに安心感をあたえるばかりでなく、みずからも落ち着いた印象をあたえることができるはず。

ここ一番に「水色」を選ぶと、相手へのよいイメージとともに信頼関係がえられる効果もあるのです。

 

水色がもつスピリチュアルな意味

とにかく「自由」でありたい。水色が好きな人は、自由な自分を表現するオーラにあふれています。

水色がもつ「開放的」「繊細」「変化」などの特徴をそのまま体現しているのです。

異彩をはなつ意味において、組織の一員というよりは、独立してはたらくことが多いのが水色のもつ力にあふれた人。

時間や場所の拘束を嫌うため、ときにストレスをためてしまうことも。同時にたまったイライラが創造の原動力となるため、なにか新しいものを生み出す可能性を秘めているといえます。

内向的なパワーですが、スピリチュアル的にはクリエイティブな活動にリンクするのが「水色」といえるでしょう。

 

風水的に水色を使って恋愛運UP

風水的に水色を使って恋愛運UP

恋愛で「水色」を意識してみるのも有効。 水色の風水的な意味としては「水」を表現しており、方角は「北」との関連をみます。

方角の「北」がつかさどる「信頼度」は、水の涼しげでさわやかなイメージとあいまって恋愛運がアップするのです。

信頼関係にもとづいた恋愛であるため、結婚とも無縁ではありません。ただし焦りは禁物。

水色のアイテムを身に着けることで、まずは相手とのゆるぎない関係をじっくり築く。結果的に結婚に結びつくと考えましょう。

強いキズナで結ばれた恋愛関係を生み出すのが水色パワーなのです。

スポンサーリンク

水色が好きな人まとめ

水色が好きな人の心理・性格・特徴ほか、スピリチュアルな視点での分析をお伝えしてきました。

開放的で希望があふれている一方で、とても繊細な性格をもちあわせていることがわかりましたね。

恋愛について「水色」が好きな男女。それぞれに慎重でありつつ自由な恋愛観があるのです。

水色のもつ「安心感」や「冷静さ」のイメージをうまく日常に活かしていく。そのことが相手によい印象をもたらします。水色のポジティブな面を活かす方法があるのです。

色彩がもたらす心理的な効果。みなさんの人生を切り開くヒントになればうれしいです。

タイトルとURLをコピーしました