【本当に優しい人は傷つけかたを知っている】言葉の意味と由来や語源

【本当に優しい人は傷つけかたを知っている】言葉の意味と由来や語源

当に優しい人は傷つけかたを知っているといわれる理由は、相手を喜ばせる方法を知っているから、その逆をすれば人を傷つけられるからです。

今回は、優しさとはなにか? 【本当に優しい人は傷つけかたを知っている】の語源や由来、さらに優しい人に共通する特徴を解説します。

本当に優しい人は傷つけかたを知っているといわれる理由は?

“本当に優しい人は傷つけかたを知っている”という言葉が広まった由来は不明。だけど、優しい人がなぜ傷つけかたを知っているのかという理由は明確です。

相手を喜ばせる方法を知っているから、その逆をすれば人を傷つけられます。

優しい人は相手の気持ちを理解するために、どのような行動や言葉が相手を傷つけるかを知っています。

なぜ傷つけかたを知っている?

本当に優しい人は、相手の気持ちを理解するために傷つけかたを知っています。もちろん、だれかを傷つけたくて身につけたわけではありません。

相手がどういわれれば傷つくかを知っていれば、そうしないよう工夫ができるからです。

本当の意味で相手に寄り添うためには、やってはいけないことを知る必要があります。

こうすると相手は傷つく=こうしなければ相手は傷つかないです。そして、本当に優しい人は自分が傷つけられた経験をプラスに活かします。

傷つけられた人に心から寄り添い、傷を癒す言葉や行動を選ぶでしょう。

優しい人は論理的にも、経験からも人への適切な接しかたを学んでいます。ただし、傷つけかたを知っているのは事実です。

あなどったり軽んじたりすれば、手痛い反撃をもらいます。

優しい人であっても、甘えすぎず依存しすぎずに接してください。もちろん、人として対等に接すればよいので、あまり身構える必要はありませんよ。

 

語源や由来はさまざま

語源や由来はさまざま

本当に優しい人は傷つけかたを知っているという言葉は、どこから広まったか定かではありません。

一説には、お笑いタレントであるスピードワゴンの小沢さんが、ワイドショーでいったとされています。

ほかにも、漫画『はじめの一歩』のキャラクター、真田一機のセリフが変化した説など。

前者はいつ・どこの回でいったかわからず、後者は似ていますがかなり意味は異なります。

そのため、これが由来と断言できるものはありません。しかし、なんとなくわかる気がする人も、多いのではないでしょうか?

これだという由来よりも、なんとなくの共感で広まった言葉でしょう。

 

本当に優しい人の特徴7つ

本当に優しい人は、言葉選びが上手だったり、だれにでも平等だったりします。

  1. 本当に優しいなら他人は傷つけない
  2. 見切りをつける相手には突然黙って去る
  3. 自分を抑え我慢をしてしまう
  4. 女性でも男性でも平等
  5. 過去になにかあったからこそ優しい
  6. だれかのために強い心を発揮する
  7. ある意味本当に一番怖い人

くわしく解説します。

1.本当に優しいなら他人は傷つけない

1.本当に優しいなら他人は傷つけない

本当に優しい人は、あくまで傷つく方法や言葉を知っているだけです。

知識を悪用して、他人を傷つけたり、しいたげたりはしないでしょう。もし傷つけてくるようなら、表面的なだけで腹黒い人といえます。

傷つける方法は避けていき、相手が嫌な気持ちにならない言葉を慎重に選ぶでしょう。

 

2.見切りをつける相手には突然黙って去る

本当に優しい人は、見切りをつけるとき突然去るのも特徴的です。

関係を終わらせるときは、相手を傷つけないためになにも告げずいなくなるでしょう。

あまりに突然去るので、もう会えなくなる予兆はほとんどわかりません。また、あるとき急に他人のようになり、なるべく会わないよう距離をとります。

優しい人が突然去るのは、見切りをつけると宣言しないため。また、優しい人は相手と縁を切り突き放すような、厳しい言葉をうまくいえません。

実は不満があっても、相手が傷つくのを恐れて口に出さないでしょう。それゆえ、本音を隠したまま去るのが、相手や自分にとってもベストと考えます。

優しい人が黙って去ってしまった場合は、もうどうにもならないと考えたとき。去られてしまってからでは手遅れと考えましょう。

【一番怖い?】優しい人黙って去る4つの理由と去るときの特徴6つ
優しい人は、行動と言動が一貫しており、だれにでも平等です。そんな優しい人が黙って去るのは、かなり危険な状態です。 ガマンの限界を超えていたり、頼まれごとが多すぎだったりが考えられます。 今回は、優しい人が黙って去る4つの理由と去...

 

3.自分を抑え我慢をしてしまう

本当に優しい人は、自分を抑えて我慢をしがち。自分より相手を優先して、譲りに譲ってしまうからです。

我慢に我慢を重ねるからこそ、爆発するとたいへんになります。しかし、なかなか爆発しないのが、非常に優しい人の特徴。

爆発させずに感情をコントロールし、余計な一言はいいません。この場合、不満をぶつけず黙って関係を切るのが、ある意味爆発の証拠です。

一度関係が切れてしまったら、取り戻すのは相当むずかしいでしょう。

復縁を考えるならしっかりと反省し、友人の手を借りるのがベストです。

 

4.女性でも男性でも平等

本当に優しい人は、だれにでも優しいです。

老若男女だれにでも平等に接します。

オープンに接するため、どういった人からも好かれるでしょう。

  • あの人は美人だから
  • あの人は上司だから
  • あの人はお年寄りだから

立場や見た目など、どのような理由からでも差別しません。

異性や同性といった隔たりもなく、おだやかに接します。また、一方的に好かれるのでなく、互いに仲がよいのも特徴。

優しい人はできる限り、多くの人とコミュニケーションを取ろうとします。そのため、自然と交友関係が広がり、横のつながりも大きくなるでしょう。ただし、本当に心からの本心を打ち明けるのは、大切な人だけ。

恋愛的な意味でもガードは固いほうなので、誤解はしないでくださいね。

 

5.過去になにかあったからこそ優しい

5.過去になにかあったからこそ優しい

本当に優しい人は、過去になにかあったからこそ優しいでしょう。

優しい人は、その多くが過去に苦労をしています。

他人にしいたげられたり、人とのトラブルに挟まれたり。人によっては、改心して優しさを手に入れたかもしれません。

どういった場合でも、多くがだれかによって救われた経験を持ちます。

  • いじめられていたところを優しい人にかばってもらえた
  • だれかの助言によりトラブルを解決できた
  • だれかにさとしてもらって自分の行動を反省した

だれかに優しくしてもらったから、本当の優しさを知っているでしょう。

優しさに救われたからこそ、今度は自分の番だと行動します。なお、優しい人がどうして優しくなれたのか、具体的な話が気になるケースもあるでしょう。しかし、過去を詮索するのは、人によってはトラウマに関わる問題です。

理由を直接、本人に聞くのはおすすめできません。

優しい人の好意は、あまり深く考えずに素直に受け取りましょう。

優しい人は自分の与えた優しさに、見返りを求めていません。

優しくされすぎて気になるなら、さりげなく恩返しをする程度でも大丈夫ですよ。

 

6.だれかのために強い心を発揮する

本当に優しい人は、だれかのためなら強い心を発揮可能です。

だれかのために優しく、ときにだれかのために厳しくなれます。

優しい人は、ただ相手を肯定するのではありません。

間違いをおかしそうな人がいるなど、必要なときにストップをかけられます。さらにその人を説得できる勇気と、積極性があるのも特徴です。

反発されたり納得いかなかったりしないよう、丸くおさめられます。

普段からの信頼度が高いからこそ、多くの人を説得可能です。

 

7.ある意味本当に一番怖い人

本当に優しい人は、ある意味一番怖いタイプ。

優しい人と一言にいっても、さまざまなタイプがあるでしょう。

  • 怒らなくはないくらいの人
  • まったくといってよいほど怒らない人
  • 我慢が溜まりすぎるとマジギレする人

どのタイプの人が本当に優しいのか、それは断定できません。しかし、溜めすぎてマジギレする人は、つい怒りにまかせて言葉を投げかけます。

暴走させたら傷つけかたを知っているため、的確に痛いところを突かれるでしょう。といっても、優しい人はやはり心根から優しいです。

謝ればすぐ許してくれて、むしろ自分が暴走したのを謝ってくれるでしょう。ここで重要なのは、結局許してくれるからと甘えすぎない点です。

怒られるかは別として、いつかは関係が終わってしまいます。

決して軽視せずに、まっすぐ向き合えばよい関係が築けるでしょう。

 

高度に洗練された他人に興味がない人は優しい人と区別がつかないとは?

高度に洗練された他人に興味がない人は、外見や言動による印象やステレオタイプに基づいて人を評価する傾向があるため、「優しい人」と「そうでない人」の違いを見抜くことが難しい場合があります。

優しくみえるだけの人と本当に優しい人の2タイプがいる

優しくみえるだけの人と本当に優しい人の2タイプがいる

高度に洗練された他人に興味がない人は、本当に優しい人とかなり似ています。

違うのは、他人へ本当に思いを込めているかどうか。

高度に洗練された他人に興味のない人は、表面的に優しい人です。しかし、あくまで世渡りのひとつとして、人をうまくあしらえるだけ。

本当に誰かへの思いがあるわけではなく、むしろほとんど興味がありません。しかし表面的には似ているため、優しさや配慮は感じられるでしょう。

それをどうとらえるかは、受け手側の自由です。

  • 優しい人だと思っていたのに騙された!
  • 本当は冷たい人だから底がわからず怖い……
  • 結局配慮してくれるなら一緒では?
  • 本当に優しさがあるかなんて、他人からはわからない……

さまざまな思いがありますが、正解はありません。

こういったタイプの人もいると知り、自分なりに考えを整理しましょう。

優しさとはなんであるか、自分の優しさを考えるうえでも手助けになりますよ。

 

本当に優しい人は傷つけかたを知っているといわれる理由のまとめ

本当に優しい人は傷つけかたを知っているといわれる理由は、相手の気持ちを理解するために傷つけかたを知っています。

語源や由来はさまざま。お笑いタレントであるスピードワゴンの小沢さんが、ワイドショーでいったとされていたり、漫画『はじめの一歩』のキャラクター、真田一機のセリフが変化した説だったり諸説さまざまです。

本当に優しい人には、共通する7つの特徴があります。

  1. 本当に優しいなら他人は傷つけない
  2. 見切りをつける相手には突然黙って去る
  3. 自分を抑え我慢をしてしまう
  4. 女性でも男性でも平等
  5. 過去になにかあったからこそ優しい
  6. だれかのために強い心を発揮する
  7. ある意味本当に一番怖い人

高度に洗練された他人に興味がない人は、優しい人と区別がつかないのは、優しくみえるだけの人と本当に優しい人の2タイプがいるからです。

見た目や態度だけではわからない部分があります。

本当に優しい人の特徴を知っておけば、人間関係もきっとスムーズになるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました