ピンクが好きな人【恋愛・相性・心理】3つの性格とピンク好きな男性の気持ち

ピンクが好きな人【恋愛・相性・心理】3つの性格とピンク好きな男性の気持ち

性的でフェミニンな印象をあたえる色彩が「ピンク」。最近、男女関係なくピンクが好きな人が増えています。

「ふわふわ系」のさまざまな服やアクセサリーでつかわれるのも「ピンク」色ですね。ピンクを選ぶ心理とはなんでしょうか。

気になるあの人はピンク好き。どうアプローチしようか……。

ピンク好きの性格や恋愛観、特徴を知っておくことで相手との「相性」をはかることができるはずです。

今回は、ピンクが好きな人のさまざまな特性に焦点をあてて分析していきます。ピンクをイメージして若返るスピリチュアルな方法もご紹介しましょう!

スポンサーリンク

ピンクが好きな人の心理

ピンクが好きな人の心理

ピンクが好きな人が、とくにピンクを意識するのは「癒されたい」心理がはたらいているときです。

疲れているときに、ピンクに囲まれることで安堵感につつまれます。ピンクをもとめる人とは、心理的に不安があり、疲れ切っていることが多いでしょう。

ピンクは緊張した筋肉を緩めて、リラックスする効果がたいへんすぐれているため、無意識にピンクに引き寄せられます。

病気でつらいときなど、気持ちを和らげるのが「ピンク」。病院のカーテンやナース服など多くにピンクがもちいられているのはこのためですね。

ピンクが好きな人は「甘えたい」「助けてもらいたい」意識を素直に表現できる人です。

 

ピンクが好きな人の性格

ピンクが好きな人の性格

人の意識を引き寄せるピンクの力が人の性格にもあらわれます。愛されたいがために甘えたり、尽くしたり……。

ピンクが好きな人の性格3つをみていきましょう。

1.繊細

愛されるために繊細さをアピールする。好きになった人にはあの手この手で気を引こうとするのがピンク好きな人。

義理がたく積極的に人と関わろうとしますが、おなじように人にも「愛されたい」と願っています。

「わがまま」とみられがちなのは、「あなたをこんなに愛している」意思に答えてもらいたいがゆえ。ピンクを好きな人がときに“甘え口調”になるのは、安心感をもちたい素直な感情のあらわれでしょう。

とくに好きになった人には、デリケートな自分をアピールしようとするのがピンク好きの性格です。

 

2.さみしがりや

ピンクが好きな人は、孤独にめっぽう弱い。

そばにいる人を「離したくない」ために会話には積極的となり、あわせて相手へ尽くす。「いじらしさ」が「守ってあげたい」周囲の気持ちを感化させます。

女性的であり「あざとい」とみられがちな性格ですが、かえってメロメロになる男性も……。

ピンクを好む人の多くは、ナイーブさと人への気配りをかねそなえています。

 

3.自分らしくありたい

独自の世界観をもっています。ピンクが好きな人は、空間の演出や服装のこだわりが独特。

こまやかな配慮は魅力にあふれていて、人々をひきつけます。

ピンクは色の濃淡によってアクセントをつけやすい色。わりと多くのアイテムがあるため、ピンクの日用品で日常をいろどります。「やさしさ」が演出されるからですね。

あえて部屋の壁紙をピンクにするほどの世界観。

ピンク好きな自分の価値観を共有しようとしますが、いきすぎると周囲から引かれてしまうことも多いです。

 

ピンクが好きな人の恋愛傾向

ピンクが好きな人の恋愛傾向

心の底から「やさしい」雰囲気をかもしだすピンク好きな男性。女性らしさを最大限アピールして相手を愛しぬくのがピンク好きの女性。

ピンクが好きな男女、それぞれの恋愛傾向を分析していきましょう。

男性の場合

ピンク好きな男性は、こまやかな気配りとともに女性以上に「やさしい」。

着る服にはこだわりがあり、自分の乗る車も清潔感を大切にして、同乗者の女性に配慮します。ピンク色のスマホをもつことで、さりげなくやさしさをアピールすることも。

世話好きであり、常に人との関わりをもちたい。弱くはかない存在や、パートナーが苦しんている状況に目をつぶることができません。

ただし自分が主導したいため、主張が強い女性とはかみあわないことも。自分の価値観は絶対なため「亭主関白」のような気質もみられます。

女性を「守る」責任感は人一倍あるのが、ピンク好きの男性でしょう。

 

女性の場合

ピンクが好きな女性は恋愛体質のぶりっ子。「女性らしさ」を全面にだすことで男性の本能を呼び覚まします。

献身的であり柔和ですが、ときに「愛情」にかけては激しい感情で相手にせまることも。尽くした相手も相応に「自分を愛してほしい」心理が強いです。

より濃いピンクを好む女性ほど、相手男性に依存しやすい傾向も。

反面、男性の冷たい態度や裏切りにはとても傷つきやすい。相手の浮気や不倫にはとても耐えられません。

「好きになったらとことん愛する」情熱的な恋愛傾向もあるのがピンク好きの女性です。

 

ピンクが好きな人にあう相性は?

ピンクが好きな人のパートナーは、年上の人がよいでしょう。

ピンク好きで「愛されたい系」の人は、最後にしっかりと受け止めてくれる相手をもとめています。さまざまな困難から守ってくれる人との相性がよいです。

経験豊富であり、適切な判断のできる人となればやはり年上の人。

恋人のどちらかがピンク好きな場合、ピンク好きパートナーを受け止める人は、年上かつけっこう歳がはなれていることも多いです。

さまざまな経験をへて、少し人生に「癒し」をもとめる年上の人。純粋であたたかな雰囲気をもった、癒し系であるピンク好きな人との相性はバツグンです。

 

ピンクが好きな人の特徴

ピンクが好きな人の特徴

ロマンチストであり、ときに幻想的な感性を大切にします。甘えんぼうがゆえ、強い嫉妬にかられることも。

ピンクが好きな人の特徴3つをあげていきましょう。

1.ロマンチスト

夢見がちであり、アーティスティックな感性をもつのがピンクが好きな人。ロマンチストであり、音楽や花もやさしい感じのものを好みます。

独特な感性のもと自分を表現しようとするのがピンク好きの人です。

とくに女性は、いつか素敵な王子様が迎えに来てくれるといった幻想を抱いていることも。「シンデレラコンプレックス」といわれる心理。

独立心と依存心の二面性をもちあわせているのが、ピンクが好きな人の特徴です。

 

2.甘えたい

ピンクが好きな人は、より多くの人に愛されたい無意識の「計算」があります。甘えたりねだったりが上手です。

幼少のころに、常に親から与えられるばかりであった、逆に十分な愛情がえられなかったなどの思いが潜在的にあるのかもしれません。

やさしく、かわいらしくありたい。「わたしだけをみて」というアイドル気質。

現実的で平凡な大人になることを拒むのもピンク好きの特徴です。

 

3.他人への注目に嫉妬する

やさしい印象とはうらはらに、芯が強く「嫉妬深い」のもピンクが好きな人の特徴でしょう。

「愛されたい系」なため、自分以外の人に人々の関心があつまるのに耐えられないです。

弱々しくみせて、はかなげな自分へ注目をあつめようとする「かまってちゃん」になるのは「嫉妬心」が背景にあります。

女性的な「あざとさ」があるのもピンク好きの特徴です。

 

ピンクのイメージ・意味

ピンクのイメージ・意味

女性らしさのイメージから、多くの女性に愛されるのが「ピンク」色。

  • しあわせな恋愛
  • カワイイわたしのイメージ
  • 子どもっぽい感性

「若々しい」「幼い」など幅広い印象が人々のこころをとらえるピンクのイメージ・意味をみていきましょう。

しあわせ

恋愛の甘くてしあわせなイメージで、まず思い浮かぶ色がピンク。

ピンクのハートマークがイベントにもちいられるのも、楽しく華やかなイメージを演出できるからです。

パステル調のうすいピンクやローズピンクは、結婚式や披露宴でも定番のカラーですよね。

しあわせなふたりは「ピンク」のオーラにつつまれることでしょう。

 

かわいい

女性のかわいらしさを最大限に表現できるのが「ピンク」です。

ピンクのコーディネートは「カワイイ」女性を演出するにはもってこいの色。「春」のイメージであるピンクは、女性を対象とした商品・サービスによく使われています。

「萌え系」の女子に愛される色は、ピンクをおいてほかにはありません。

 

子どもっぽい

ピンクにこだわりすぎるほど「幼く未熟」なイメージをあたえてしまうことも。年齢やシーンにあわないピンクのつかいかたは、マイナスイメージとなってしまう場合もあります。

ショッキングピンクは鮮烈な印象をもたらしますが、あらゆる日常の生活用品に取り入れすぎると、落ち着かない気持ちになるかもしれません。

アクセサリーや衣装など部分的につかうと効果的なのがショッキングピンク。

色づかいのセンスを求められるのがピンクのイメージです。

 

ピンクがもつスピリチュアルな意味

ピンクがもつスピリチュアルな意味

「ピンク」の色彩を思い浮かべつつ、ピンクに囲まれて過ごすと、体型や容姿が若返って美人になる心理効果が期待できます。

ピンクという色彩があなたの意識と脳にはたらきかけ、現実の生活に影響するでしょう。

視覚でピンクを認識すると、脳の神経伝達物質のドパミンが放出され、ある種の「しあわせ感」をえられることがわかっています。

瞑想や呼吸法とあわせて、ピンクという色彩の特性を活かす方法も。

全身の老廃物が身体から抜けて若返るイメージを繰り返してみましょう。

  • 背筋をのばしてイスにすわる。軽く目を閉じて呼吸に意識をむける。
  • 「黒い」老廃物が頭のてっぺんから足に降りていくのをイメージする。
  • 足の爪先から黒い液体が流れ出る。
  • かわりに「ピンク」が全身に浸透していく。
  • まぶたに映るピンク色を意識する。

自己催眠でもちいられる方法。「若返る」具体的なイメージに現実の自分が近づく感覚をえられるはずです。

スポンサーリンク

ピンクが好きな人まとめ

ピンクが好きな人の心理・性格・特徴ほか、スピリチュアルな視点での分析をお伝えしてきました。

繊細ゆえさびしがりやな性格。 積極的に人と交ろうとするのは、おなじように「自分を愛してほしい」気持ちのあらわれです。

独特の感性で自分を表現するピンク好きの特徴もみてきました。

やさしくも献身的な恋愛となり、相手にも「愛情」をもとめるのがピンク好きの男女。相手を心地よく癒してあげられるのがピンク好きの人です。

ピンクのイメージを繰り返すことで「若返る」心理効果。いちど試してみてはいかがでしょうか。

「ピンク」を活用して人生を楽しむヒントとなればうれしいです。

タイトルとURLをコピーしました