黄色が好きな人の心理や性格3つの特徴!男女別の恋愛傾向と相性

黄色が好きな人の心理や性格3つの特徴!男女別の恋愛傾向と相性

きいきと過ごしているあの人は「黄色」が大好き。

明るさ、楽しさ、活発さの象徴である黄色。「気持ちをアゲていきたい」「いまは集中したい」など、黄色へのアプローチはときどきの精神状態で変わります。

色彩のイメージは、そのままパーソナリティとして表現されることも。色の好みから、人の心理的傾向がよみとれるのです。

今回は黄色が好きな人の心理、性格から恋愛傾向や相性にいたるまで徹底的に分析。スピリチュアル視点から、あなたの健康と「黄色」の関係もお伝えしていきますよ!

スポンサーリンク

黄色を選ぶ心理の特徴

黄色を選ぶ心理の特徴

「明るさ」のイメージで選ばれやすいのが「黄色」。ポジティブな思考とともに、なにかを創造する心理とリンクするのが黄色の特徴。

「黄色」が子供にとって重要な理由、ときに黄色を嫌う心理もふくめ、黄色にまつわる心理的特徴3つをみていきましょう。

1.黄色が好きになった心理

好奇心を刺激するのが黄色の特徴。新しいことにチャレンジする勇気を奮い立たせるときに黄色を意識するようになります。

黄色の脳を活性化させる効果。斬新なアイデアをもたらすため、黄色に引き寄せられるのです。

「黄色」を身につけると金運があがるといわれていますが、黄色がもたらしたバイタリティーで金運を引き寄せているともいえます。

人間の未来志向、前向きな心理にリンクする色彩が「黄色」です。

 

2.黄色が好きな子供の心理

成長ホルモンを促進させるのが黄色。幼児期から日ごと成長をしている子供にとって、みずからチョイスしている色彩が黄色です。

ありのままの自分とあふれるばかりの自由を表現する、黄色が好きな子供の心理的背景といえます。

活発に遊ぶ場所にもちいられるのが黄色。逆に勉強する環境に「黄色」があると集中しにくいかもしれません。

発達段階にある子供にとって「黄色」はとても重要な色。黄色に触れる機会をたくさんもつべきです。

 

3.黄色が嫌いな人の心理

神経が過敏になっているとき、精神的には「黄色」がうるさいと感じやすくなります。

集中したいときこそ、開放的な色彩の黄色は邪魔に感じる。にぎやかなイメージは、いつでもどこでも受け入れられるとはかぎりません。

体調を崩しているときには、おのずと黄色を避けたくなります。とくにフラッシュイエローのような鮮烈な色彩は敬遠したくなるのです。

「黄色」を選ぶか嫌うかで、今の精神状態をはかることができるでしょう。

 

黄色が好きな人の性格は?

黄色が好きな人の性格は?

黄色が好きな人の性格はひとことでいうと「天真爛漫」。

コミュニケーション能力がすぐれている人は黄色を好みます。ユーモアのセンスもあるため、人と接することにはためらいません。

ポジティブな思考で、周囲に影響をあたえたいというインフルエンサー。なにごとも臨機応変にこなしていきます。

あらゆることにアンテナを張っているため、物知りであり話題に事欠かない黄色が好きな人。情報量が豊富です。

社交性にあふれていますが、ときに虚脱感におそわれることも。あまり気を使いすぎているときには臆病になるのも黄色が好きな人の性格です。

 

黄色が好きな人の恋愛傾向

黄色が好きな人の恋愛傾向

  • 黄色が好きな男性は、よい意味で子供のような素直さがあり甘え上手。女性にとっては、ほうっておけない存在となることも。
  • 黄色が好きな女性は、「わたし」に注目が集まることが恋愛の原動力となります。明るさを失わず活動的な雰囲気で男性をリードします。

積極的な恋愛となる黄色が好きな人。男女それぞれの恋愛傾向をくわしくみていきましょう。

1.男性の場合

知性とユーモアにあふれた黄色好きの男性。女性にはモテる傾向にあり、明るいふるまいは女性の心をとらえます。

明るさの背景にあるのは「甘えたい」という心理によるものです。

心を許せる女性とふたりきりになると、子供のようにデレデレとなり、母性をくすぐる態度をみせることも。

いつも自分をみてほしい、かまってほしい心理をもつのが黄色好きな男性です。

 

2.女性の場合

黄色好きな女性は、注目をあびたいという意識において負けず嫌いです。

好きな男性に対しては「自分だけをみていてほしい」アピールに「黄色」を活かす。

話題の中心にいたいという心理。黄色のコーデにて男性の目を引き寄せようとします。活動的であり、男性とは一緒に体を動かすアクティブな付き合いとなるでしょう。

男性にとっては、太陽のような明るさが心強い存在となる黄色好きの女性です。

スポンサーリンク

黄色が好きな人にあう相性は?

黄色が好きな人にあう相性は?

ノリのよさがあれば、たいていの人とは仲よくなれる黄色が好きな人。明るい雰囲気を作り出すムードメーカーとして、多くの人に愛されます。

オレンジ好きの人とはすぐに意気投合できるでしょう。

意外にも寒色系の「紫」好きな人との相性もよいです。黄色好きな人がもつ独創性やナイーブな面に共感をしてくれるのが紫好きの人。

正反対な個性であろうが、自分の考えに理解をしめしてくれる人を大切にするのが黄色好きの人です。

 

黄色の服の恋愛効果は?

親しみの色彩である黄色。服装に黄色をワンポイント取り入れることで、気になる彼に話しかけやすい印象をあたえるはずです。

初対面の緊張をほぐすにはとてもよい色彩。ただし、あまり過度に取り入れすぎると「幼い」マイナスイメージをもたれてしまうことも。

コミュニケーションを促進させる黄色の効果。うまく恋愛にとりいれてみるとよいでしょう。

 

黄色のイメージ・意味

黄色のイメージ・意味

太陽や光をあらわすシンボルカラーは黄色。

  • サービス精神
  • 柔軟性
  • 自己中心的

人との関わりのなかで放たれる黄色のイメージ・意味3つをみていきましょう。

1.サービス精神

多くの人の心を動かす演出をしたい心理に寄り添う黄色。

独創性を発揮して、相手を喜ばすようなサービス精神のイメージ。

黄色には気分を軽くさせる心理効果があり、企業のイメージカラーとして多く採用されています。

ラーメン屋さんなど飲食系などお店の看板でもよくみかけますよね。

活発な印象で人を引き寄せるのが黄色のイメージです。

 

2.柔軟性

多様性にマッチする色彩が黄色。切り替えがはやく、柔軟な思考で人々の発想を受け入れるイメージです。

「なんでもあり」の自由な思考を歓迎するカラーが黄色。常識にとらわれません。

アイデアを書き出すのに、黄色い付せん紙などを活用するとユニークで個性的な発想を生みます。

いき当たりばったりな印象ももたれがち。ただし、こり固まった思考を一度崩すには、黄色のイメージがもってこいです。

 

3.自己中心的

自分が思うとおりのイメージを実現したい。ときに子供っぽい態度や発言をしてしまう人と黄色のイメージが重なります。

いろいろなものに興味をもちすぎて収拾がつかない。場合によっては早々にあきらめてしまう精神性。黄色好きな人のイメージかもしれません。

計画性をもたせるためには、冷静な思考のできる人の協力が欠かせないでしょう。

 

黄色が好きな人のスピリチュアルな意味

黄色が好きな人のスピリチュアルな意味

身体の健康を左右する黄色のイメージ。スピリチュアル的にはストレスからの回復効果があるといわれます。

黄色に好きな色が変わるときは、体調やメンタルの回復期にあるのかもしれません。

「気」の流れとして「太陽」を意味する神経の集まり「第三チャクラ」との関連をみます。みぞおちの部分です。

人の体内でストレスの影響を受けやすいのは消化器系。黄色をイメージすることでチャクラが活性し、ストレスが解放されます。

黄色が意味する子供のような無邪気さ、明るさは元気のもと。黄色が好きな人は上手に「黄色」を活用し、ネガティブ思考を排除しているのです。

黄色が好きな人まとめ

黄色が好きな人の心理的特徴、恋愛傾向、イメージやスピリチュアル的な意味をお伝えしてきました。

明るさで人を惹きつける魅力はピカイチ。子供の成長に寄り添うカラーが黄色でしたね。

コミュニケーションの促進効果で、より彼との恋愛がスムーズにいくかもしれません。

ポジティブなイメージカラー。自由なアイデアがほしいときなど黄色をイメージしてみる。

ストレスからの回復には黄色のスピリチュアル効果を活かしてみるとよいでしょう!

タイトルとURLをコピーしました